諸費用

中古車相場

    TaxTax / Alan Cleaver

  • 諸費用とは

  • 車両価格(一般に目にするクルマの価格)にかかる、税金や登録費用などをまとめて「諸費用」といいます。つまり車に乗るためには、車両価格に諸費用を含めた総額支払わないと乗ることができません。

    中古車の場合、車両価格だけでは本当に安いかどうか分らないので、諸費用を含めた総額の見積りを取ることが大切です。

    まず、車両価格が安いからといって「総額も安いとは限らない」ということを押さえておきましょう。
    例えば、同じ条件のクルマでも、

    A社では、
    車両価格70万円 + 諸費用20万円
    = 総額90万円

    B社では、
    車両価格80万円 + 諸費用5万円
    = 総額85万円

    という事があります。

    では、なぜ諸費用を含めると高くなったり、安くなったりするのか?
    それには、諸費用の内訳を見る必要があります。

    諸費用は、
    税金などの定額な費用

    登録費用・整備費用などの変動する費用 
    に分けられます。

    • 定額な費用とは

    • どの販売店も条件によって同じ金額で、自動車税や重量税、取得税などの税金。他に自賠責保険やリサイクル費用など。
      よほど悪質な販売店でない限り、余分に取られる事はありません。

    • 変動する費用とは

    • 販売店ごとで価格設定が違う費用がほとんど。その内訳は・・・

      • 登録費用
      • クルマを陸運局へ登録する費用。つまり、車検証やナンバーを作成する費用。販売店から陸運局まで近い店と遠い店で差が出ます。
        陸運局は県に1~2個、大都市で3~4個程度で、近ければ1時間仕事だったり、遠ければ1日仕事になる場合もあるので販売店よって値段が異なります。

      • 納車費用
      • 買った車を自宅まで納車する費用。遠い販売店で買えば高くなります。
        逆に取りに行けば、費用は発生しません。

      • 下取り費用
      • 下取り車があった場合に査定する費用。また、下取り車の書類の手続きをする費用(所有権によっては高くなるケースも)
        査定額ゼロの車を引き取る費用(最近はゴミと一緒で廃棄するのにお金がかかります)

      • 車庫証明申請費用
      • 車庫証明の書類を作って、警察へ申請し、後日受け取りに行く費用。

      • 納車整備費用
      • こちらも販売店よって大きく異なる費用のひとつ。ただ、整備内容がわかれば、その費用が高いのか安いのか判断できるかも。

      他、販売店によってオリジナルの諸費用があるかもしれません。例えば、洗車(ワックスがけ)費用とか。

    多額の登録費用や、整備費用を見積りする販売店もありますが、それは、少しでもネットや雑誌で安く見せるための戦略であり、「登録費用が他の店より高すぎる!」と、クレームをつける事はありません。要は、見積りをとって総額で検討すれば良いだけの事。
    諸費用が高すぎて、
    「新車より高かった、未使用車の見積り」
    を実際に見たことがあります。

【無料】自動車保険を複数の保険会社から一括見積もり請求!


Comments are closed.