オークション代行とは?

中古車相場

3D Realty Handshake3D Realty Handshake / lumaxart

    中古車オークション代行とは?

    オークション代行業者は、中古車オークションから直接お客さんへ販売するという中古車販売業者です。

    中古車オークションは業者同士の取引なので一般客がセリに参加することはできませんが、そこへ直接買い付けて、直接お客さんに販売する、いわゆる卸し販売の形となります。
    鮮魚でも野菜でも何でも卸売の方が卸業者を通してない分、安くなります。1回や2回は、地方の卸センターで、卸価格の野菜や魚を買ったことがあるではないでしょうか?

    メリット

    • なによりも安さ
    • オークションから直接販売なので、小売業者を通さない分安い。

    • わずらわしさがない
    • 新車でも中古車でも、営業マンとの交渉が必要ですが、代行の場合は「必要条件だけ伝えればOK」金額交渉は一切なし。落札価格+必要経費のみとなります。

    デメリット

    • アフターケアが無い
    • 基本的には保証がないので、買った後のトラブルには対応しません。
      ただし、独自でアフター保証制度があればOK。提携修理工業などでメンテンナンスを受けられます。

    • 現車を確認できない
    • ほとんど場合、現車を確認することはできません。ヤフオクでよくある「神経質な方はご遠慮ください」「ノークレームノーリターン」は基本。

    ポイント

    輸入車や高年式車が狙い目。
    特に輸入車はビックリするほど安く買える思います。ある意味、当たり外れの世界。
    国産車の一番の狙い目は、3年落ちまでの高年式車。事故車や多走行車でなければメーカー保証が残っているので、故障した時も一応安心。

    伝えるべき最低限の項目

    • 車種
    • スバリ好みです
    • 年式
    • よくわからなければ、「現行モデル」とか「5年落ちマデ」とか伝えましょう
    • 走行距離
    • 目安は、3年落ちなら3万キロが基準、5年落ちなら5万キロ。自分の年間走行距離を考えて、少なめが良いか多くてもOKなのか相談しましょう。
    • シルバーでも2種類あったりするので、こだわりがあるなら色番号で指定しましょう
    • 予算
    • サバ読まずに確実に予算を伝えましょう。面倒な駆け引きしないのが得策。

    上記5つは最低限伝えましょう。

    注 意

    ある程度の妥協か、しっかりとした下調べが必要。
    現車を確認できない場合がほとんどなので、グレードの違い、仕様の違いはあって当然くらいで思っているのが丁度良いと思います。もちろんグレードや仕様の細かな指定があれば、業者に伝えれば良いのですが、「以前、友人の同じクルマに乗ったけけど、仕様が違っていた」というのは、ありがち。 

    よほど車種を間違えることは無いと思いますが・・・

    ・内装の色が違った
    ・パワースライドドアが片側くらい付いている思ったら、そもそも付いてなかった
    ・ビルトイン(外せない埋込み)のナビかと思ったら、社外品だった
    ・レギュラーガソリンかと思ったらハイオク仕様だった
    ・7人乗りかと思ったら8人乗りだった

    など、現車を見れば間違いなくわかる項目も、代行業者に伝える必要があります。
    代行業者からは確認されないモノだと思っておいたほうが良いです。※それくらい業者ならわかっているモンだという思い込みは捨てましょう
    ですので、欲しいクルマに対して、しっかりとした下調べが必要になります。

    下調べも面倒で、車にも詳しくない人は、「ワゴンRの○年式以上○万円以下」とか「プリウスのナビつきならなんでも良い」と、おおざっぱに希望を伝えておき「それ以外の仕様は何でもOK」「安ければ安いだけ良い」とした方が掘り出し物に当たる可能性が高くなります。

    女性も安心!!中古車オークション



この中古車についてコメントをどうぞ!